犬がエサを食べない……原因は?

大切な犬が元気がない時、とても心配になります。犬は、飼っている人にとっては家族と同じように大切な生き物です。その犬が元気がなくなったら、とても心配をしますね。

しかし、犬の場合は言葉を話すことができないので、その元気がないということを知ることがむつかしくなります。そんな時、ドッグフードを食べない時、そのことがひとつのサインとなりますね。そのドッグフードを食べないというのは、理由があります。

その一つは、病気で食べる食欲がないという時です。そのときは、飼い主が慎重になることが重要です。餌を食べないという他に、症状がないのか知ることが大事なのです。嘔吐をする、動かない、排泄がないなど、気づいたことをなんでも知るようにします。そして、全く食べない時には獣医院を受診することをおすすめします。そんな症状がある時には、速やかに受診をすることが大切です。

また犬が餌を食べないという時は、その理由としてその餌が嫌いということがあります。毎日同じものを食べていると、その味が嫌いになることがあります。特に犬の場合は、その匂いに対して敏感ですね。肉類が少ない餌になると、犬が好まない匂いとなります。すると、最初は少し食べたいとしても、直ぐに嫌になってしまうのです。

また餌に、人間にはわからない合成着色などがされていると、食べないことがあります。それは、犬が敏感に感じ取って食べる事を嫌がっているのです。犬の方が、食材に対してとても敏感と言うことが言えます。