エサの食いつきが悪いときの対処法

大切な犬が餌を食べない時、本当に心配になります。そのほとんどが、犬がもっと美味しいドッグフードを求めているということが言えるのです。犬が美味しいと思えるドッグフードというのは、どんなものなのでしょうか。それは、人間であると好みがあったり、美味しいと言われているものが好きですね。そのため、そのなかに加工されていても、気づくことなく食べることが多いです。美味しかったらよしとなるのが、人間なのです。

その点、犬の場合は敏感になっています。まず人間と違うのは嗅覚なのです。嗅覚で嫌いと思ったものは、食べなくなります。そしてその嗅覚が敏感に反応するのは、人工添加物ですね。そのため、人工添加物が含まれているものは、ドッグフードとしてやめることが大事です。

また、穀類ばかり含まれているものの、犬にとっては美味しいと感じることができません。そのことから、肉類などを中心としたドッグフードが最適です。犬にとったら、本来の餌と同じ味を求めています。狼が肉ばかりを食べているように、その後に変化した犬だって同じ味を求めているのです。そのことを理解して、犬が好む肉類の味にしてあげることです。一番いいのは、人間が食べている安全な肉類が多い方がいいですね。